家の裏の畦 PARTⅡ

PARTⅡってほどではないんですが(^^;
よ~く見ると、この時期でもタンポポ?が咲いているんですね。
本当にタンポポかどうか自信ないですけど、寒空の下、元気に咲いていました。
手持ちで、べたな撮り方ですが056.gif


f0049152_19443466.jpg

「新と新」(花と花) さすがにこの大きさのオシベには、AFではすっきりピントがきません。フルタイムマニュアルで合わせましたがビミョーですね(^^;;
f0049152_19465091.jpg

「新と旧」(花と綿毛) タンポポのぼんぼんも綺麗に残っていました。ピント位置は、奥の方の毛先。
f0049152_1948849.jpg

ピント位置を手前に変えて。
f0049152_19492170.jpg

さらにピント位置を変えて・・・どこに合ってるんでしょう(笑)

実は、三脚に乗っけて完璧に撮ろうとセッティングしましたが、時間のかかること。
タンポポは、低いのでローポジションにして、バックに黄色いタンポポが入る位置に合わせる。
たったこれだけのことなんですが、邪魔くさいです。
何度もファインダーを覗いたり、ライブビューで確認したりと繁雑です。
綿毛の写真もすべて手持ちで、フルタイムマニュアルでピント位置を変えながら撮りました。
手持ちなら数秒のことですが、三脚を使うと納得するまで数分(長い目)かかりました(^^;

これも、100mmマクロISと7DのAIサーボのなせる業なんでしょうか。
7Dは、視野率でごちゃごちゃ言われてますが、ファインダーもAPS-C機としては見やすく、
マクロ時は、AFポイントを消したり、グリッド表示させたり今までのEOSにはない機能が
さらに撮りやすくしてくれています。

ただ、花は、フルサイズで撮りたいなってのが本心です(笑)
by senkokk | 2009-12-17 12:37 | マクロ